招待状が届いたらどうしたらいい?返信に関する3つのマナー

いつまでに返信したらいい?

招待状には、期限が記載されています。その期限までに返信する事は、絶対に守らなければいけません。そして最も理想的なのは、招待状が届いた日から2~3日以内に返信する事です。なぜなら新郎新婦はこの招待状の返信はがきを受け取る事によって、結婚式への出席者の数を確認するためです。結婚式には披露宴の席順や、料理や引き出物など、出席する人数に合わせて用意しておかなければいけない事がたくさんあるのですよ。そのため招待状が届いたら、早めに返信してあげるようにしましょう。

結婚式の当日の自分の予定が分からない場合

そうはいっても仕事の都合や出産予定日などで、実際に結婚式に出席出来るかわからない事もありますよね。そういった場合には、招待状が届いてから1週間以内には電話で直接予定が分からない状況である事を伝えましょう。しかしそういった場合であっても、招待状に記載されている期限までには返信するようにしましょう。返信期限は、新郎新婦にとってこれよりも遅くなると、準備に影響が出る期限となりますので注意が必要となります。

招待状の返信はがきには何で書く?

招待状の返信はがきには、基本毛筆もしくは黒インクの万年筆で書かなければいけません。しかし普段使ってないため、慣れない状態で挑戦しても読めない字になってしまう可能性もあります。そういった場合には、黒のボールペンを使用しても問題ありません。はがきを受け取った方にきちんと読んでもらうためにも、慣れているボールペンの方できちんと書く方がきちんと感が伝わります。しかしかわいく書こうと、ピンクやカラーペンを使用する事はマナーに反する事となりますので、注意が必要です。

千葉の結婚式場は、充実した設備や親身な対応などで定評がある式場が多いため、安心して結婚式場選びを行うことができます。