結婚式での新郎の席の下に、なんと!?バケツが!!

結婚式の式場の決め方について

結婚式を行おうとする際、最も重要なことは、会場を決定することです。そして、新郎、新婦ともに家が近ければ大丈夫なのですが、家が離れて入れば、全く違った対応が必要になってくるでしょう。まず、招待制か会費制かで揉める場合があります。会費制とは聞きなれない言葉かも知れませんが、北海道、青森県、沖縄県の一道二県に根付いた文化で、一万七千円程度が相場です。自分の食事代だけということで、新郎新婦の披露宴の衣装代等は、全て新郎新婦の自腹ということになります。

結婚披露宴での新郎について

結婚式は、当然ですが、新郎新婦が主役ですが、新婦の方にその重さは偏っていると言えるでしょう。カメラのフラッシュは新婦に向いてしまうといった感じではないでしょうか。少しガッカリなのは新郎の方です。新婦のお色直しの間、新郎は一人寂しく座っているといった場面が多いようです。そんな時に酒を注ぎに来てくれるのは、結婚式を経験した既婚男性です。ここぞとばかりにやってきて、お酒を注いでいく場合が多く、救われた思いをする新郎は多いことでしょう。

結婚式の式場決めのプレゼンについて

結婚式の式場を決める際には、当然ですが式場に相談します。そして、この対応の良し悪しで決定するといった場合が多いのではないでしょうか。お金を出すのは親だからといって、式場まで親が決めることはないでしょう。結婚式をするのは新郎新婦本人同士なのですから。式場決めの決定打は、披露宴に要する金額のことを於いて他にはありません。概ねどの位かかって、自己負担はどの分あるのかとの問いかけに、概ねの費用概算を提示できない式場は止めておくべきでしょう。

結婚式場を赤坂で探すことで、他のエリアには存在しないような魅力的な結婚式場を見つけ出すことができます。