知らなかった!結婚式のネイルのマナー3つ

親族として結婚式に参加する際はネイルは控えよう

親族として結婚式に参加する際にネイルをする人は、多いのではないでしょうか。しかし、それはマナーに違反する事になるのですよ。親族は、ネイルも服装もシンプルにするのが一般的です。しかしどうしても何もしないと、爪が剥がれたりして見た目が汚い場合には、目立たないベージュかクリア系を選ぶようにしましょう。また一色塗りにして、デザインのないものを選ぶのがマナーとなります。この場合は、ファッションとして楽しむのではなく、汚れを目立たないようにするのが目的ですので注意しておきましょう。

ネイルの色は、目立たない色を

結婚式に出席する際にネイルをする場合は、アクセサリーとしてするのではなく清潔感を出す事を目的にしましょう。色は目立たないようにするのがマナーであり、肌に近い色であるベージュやピンクやクリアが理想的です。ネイルでは白い色を使用しても問題ありませんが、出来れば狭い範囲でポイントとして使用するのがいいでしょう。ダークカラーは、暗い印象になってしまいやすいのでお祝いの場にはふさわしくありません。結婚式では控えておくようにしましょう。

シーンによってデザインを選ぼう

ネイルのデザインは出来るだけシンプルなのが良いのですが、二次会では少しおしゃれをしても問題ありません。しかしその際にも、主役は花嫁である事は忘れてはいけません。またお祝いの席であるため、明るめの色を選ぶのが良いでしょう。明るめのカラーでおすすめなのが、パステルカラーやレッドです。デザインでは、ラメやストーンやパールを用いて華やかにするのもいいでしょう。二次会は、挙式や披露宴に比べて少し外しても問題ないので、おしゃれを楽しんでみてもいいかもしれないですね。

結婚式場を神奈川で探したい時には、信頼度の高い業者のキャンペーンに目を向けることが大きなコツと言えます。