人数が少ない結婚式と言うのは!費用的にも少ない

小規模な結婚式というのは

地域にもよりますが、基本的には結婚式にはお金がかかるようになります。それは仕方ないことではありますが、いくらか削減できる費用もあります。下手なサプライズや演出などは十分に削ることができます。お金があるならばしてもよいですし、それは自由です。また、全体的に小規模にすることによって、かなり費用を少なくできます。その分、料理の質を高めたりすることができます。そちらのほうが招待客として有難いことになります。

余興は楽しいものであるのか

小規模な結婚式の特徴はそこまで大きな余興をしなくてもよい、ということです。そもそも余興をするべきなのか、ということからありますが、基本的にはやったほうがよいです。食事だけ、というのでは侘しいですし、挨拶が続くのもつまらないからです。ですから、多少は目や耳を喜ばしてくれる余興をしたほうがよいです。わかり易い形の芸や音楽などでもよいです。小規模とは言え、芸達者な人が参列者にいるならば依頼するのもありです。

人に依頼することとそうでないこと

あくまで招待をした人はお客になります。ですから、何事かを求めるのは避けたほうが良いといえます。つまりは、余興や運転などに関することです。受付は友人がやる、というのが一般的になっていますが、それをしてくれた人には別途、お礼をする必要があります。それが基本になりますし、礼儀ですから、しっかりと覚えておくことです。小規模の結婚式は自分で色々と企画をしないといけない点も多いですから、大変ではありますから、覚悟しておくべきです。

家族のみ、親族のみの少人数での結婚式は、低価格で式が挙げられ、更にはゲストとの距離が近く、アットホームな雰囲気で式を楽しむことが出来ます。